Challenge

フィギュアスケートの浅田真央選手と小塚崇彦選手が
先日テレビ番組のインタビューで、「チャレンジする」ことについて
語っていたことが、とても心にのこりました。



「チャレンジとは、自分をもっともっと上に高めていってくれるものだと思う」
(浅田選手)
「チャレンジすることは、自分ができないことに挑戦するということなので、
怖がることでもないし、むしろ思い切ってやることが大事」
(小塚選手)


トップアスリートのお二人ですが、
自分ができないことへのチャレンジの連続の日々・・・その積み重ねが、
今の彼らをつくっているのだなあと、この言葉を聞いて思いました。


自分自身を振り返ると・・・チャレンジすることの大切さに目が開かれたのは
30代になり、社労士を受験したことがきっかけだったなあと思います。

主人が病気になったことがきっかけで、社労士を志し、
また、気分転換のためにフラを始めたわけですが、
いまではそれらが自分の大切な一部になっている。。。


明日で私は一つ歳を重ねます・・・☆
(正確に言えば、今日が「~に達した日」ですが・・・(^^))

これからも、チャレンジすることを大事にしよう。
チャレンジすることを怖がらず、一歩一歩自分がいまできることを
積み重ねていこうと思ったのでした。


【Study】FP3級過去問3章+テキスト(苦戦中)
【Sports】Hula&Yoga&SPA&ジム
[PR]
by sumomo05301019 | 2011-05-29 17:36 | 社労士